【能登SDGsフィールドレポート 第10号】発信の設えとは?

ファシリテーション談義シリーズ(4)

 

前回は、地域づくりにおけるファシリテーションの役割を

「設(しつら)える」と表現し、3種類の設えを示しました。

すなわち、「プロセス」、「空間」、「発信」の設えです。

 

こうした設えにより、リーダーが目標に近づくことができる。

その側面支援がファシリテーション。

そういう仮説です。

 

単純な仮説ですが、この考えに至るまで何十年もかかりました。

色々なことを学び、経験するたびに頭の中がごちゃごちゃになります。

それが少しずつ整理され、ようやく単純な話に集約することができたのです。

 

その過程で、恐らく無数のファシリテーションを僕が受けてきたのでしょう。

ファシリテーションをしてくれた人も、そして僕自身も無意識のうちに。

そのような無意識の営みを可視化したい、というのも僕の大きな目的です。

 

さて、ごく単純になった仮説。

とはいえ、言葉だけではなかなか伝わりにくい。

そこで、研究会の仲間たちとの最初の寄合に向けて、

図で示すスライド資料を作りました。

2020年11月から12月にかけてです。

 

どのような図を描けば伝わりやすいか?

 

明確な考えが最初からあったわけではありません。

まさに「描きながら考える」過程でした。

 

そのなかから実は大きな気付きがありました。

今回はそのことをお話したいと思います。

 

僕は「いらすとや」というイラスト素材のサイトのファンです。

いまでは世の中の様々なところで用いられています。

ほのぼのとした温かみのあるその画風を見れば、知る人には一目瞭然。

「あっ、『いらすとや』の絵だ!」と気付くことがしばしばあります。

 

僕自身も10年以上前から「いらすとや」を愛用させていただいています。

作者と面識はなく、やり取りをしたこともありません。

単純に、インターネットを介した無償サービスの利用にすぎません。

規約の範囲で自由に使わせてもらえることは本当に助かります。

 

今回も、いつものように「いらすとや」の素材を使おうと考えました。

そして、できたのがこのスライドです。

 

これも、こうして見れば、ごく単純なスライドです。

ただ、できるまでには当然、無数の段階の思考が働きました。

 

イラスト部分については、計4点の素材が用いられています。

 

第一に、たすきを肩にかけた女性。

「いらすとや」には検索機能が付いています。

そこで、「リーダー」と入力してみました。

出てきたイラストたちはどれも素敵でした。

でも、僕が漠然と期待するものとはちょっと違う。

 

そこで、次に「主役」と入力しました。

そして出てきたのがこの女性。

パーティーでの一場面でしょうか。

注目を集めるリーダーを示す絵として合っている気がします。

これにしよう、と決めます。

 

ところが、ここで僕はもう一つ選択を迫られます。

男性版のイラストもあるのです。

まったく同じ状況で同じ構図。

片や女性。片や男性。

 

地域づくりのリーダーに男女は関係ありません。

さて、どうしたものか?

迷います。

 

2つの絵を並べるのがよいか?

いや、でもここでは1人だけ置くほうが単純で伝わりやすい。

では、女性にするか? 男性にするか?

 

僕の選択は女性でした。

地域の既存の意思決定者は男性が多い。

これからは女性のリーダーがもっと増えてほしい。

それを側面支援できるファシリテーターでありたい。

そんなようなことを無意識に考えて選択完了。

 

第二に、黒子です。

主役と対になるのは脇役。

しかし、「脇役」で検索しても、「いらすとや」には素材がない。

確かに脇役というのは絵では伝えにくい概念かも?

 

そこで、次に「黒子」で検索。

出てきたイラストが即、採用と決まりました。

ここで一つの気付きがあります。

「脇役」より「黒子」のほうが視覚的に一目瞭然であることです。

 

第三に、「光を当てる」行為。

「光」で検索してみます。

すると、実にたくさんのイラスト素材が出てきます。

「UFOにさらわれた人」とか「ドビュッシーの似顔絵」などまで!(笑)

月の光の旋律が頭の中で流れました。

 

僕はまた無意識で考えます。

ここで表現したいのは何だったっけ?

そう、光を当てるという行為です。

 

すると目に飛び込んできたのは「レフ板を持つ人」のイラストでした。

れふばん。何という地味な光の当て方。

 

でも、ちょっと待てよ。

主役ならスポットライトが似合う。

黒子なら、レフ板の控えめな光のほうがかえって似合うかも?

そうしてレフ板をもつ人に決定。

 

主役、黒子、レフ板を持つ人。

この3人をどう配置するか。

あれこれ試しながら、位置取りが決まりました。

 

このとき、僕は思い付きます。

主役に光が当たっていることも表現したい。

 

そこで、第四の要素が欲しくなります。

主役に当たる光。

 

再びUFOやドビュッシーなど「光」のイラストを見てみます。

すると、「いろいろなキラキラ飾り」というイラスト群が目に入ります。

そのなかから、塩梅のよさそうな素材を選びます。

それを主役の顔の周りに配置して完了。

 

以上が、この一枚のスライドの開発秘話です。

って、大げさすぎ?

 

なぜ、このような過程をわざわざ事細かに振り返るのか?

それは、僕が受けたファシリテーションに注目するためです。

 

僕には伝えたいメッセージがありました。

でも、それをどのように視覚的に表現すればよいか?

それは漠然としていました。

だから、真っ白なキャンバスに絵の具でいきなり描けと言われても、

うまく描くことはできなかったことでしょう。

 

そこで、「いらすとや」の検索機能を頼りにしました。

キーワードを入力。

出てきた選択肢からヒントをもらう。

選ぶ過程で、自分が伝えたいことがだんだんはっきり見えてくる。

 

その結果、スライドを作る前よりも、

僕は自分のメッセージを他の人に伝えやすくなっている。

 

これこそ、発信の設えではないか!

そう気付いたとき、静かに、でも確実に僕は興奮しました。

 

「いらすとや」は単に素材を提供しているだけでなく、

発信者の能力を高めているのです。

しかも、発信者と直接やり取りすることもなく。

 

ちなみに、「いらすとや」のサイトには「検索のコツ」という解説もあります。

発信の設えをさらに設えているのです。

 

これはすごい。深い。

「いらすとや」さん、ありがとう!

 

リーダー本人の発信の能力が高まること。

それを設えるファシリテーション。

 

身の周りで、このようなことが起こっているのか?

もっと具体的で、双方向的な事例を集めてみたいです。

 

発信の設えを巡る探求はまだ始まったばかりです。

夜な夜な、無意識に考える僕ですが、答えはまだ出ません。

 

月の光の穏やかな旋律が頭の中で流れて、

うつらうつらと眠りに落ちてしまうだけなのです。

 

思い当たる例をご存知の人は教えてください。

あるいは、僕の夢に登場して月の光を浴びながら実演を!

(えっ、気持ち悪い? それは失礼しました)

 

 

北村健二

(能登SDGsラボ コーディネーター)

(地域づくりファシリテーター研究会 代表)

 

能登SDGsフィールドレポート:日々の活動のなかで北村個人が感じることを共有するための媒体で、組織の立場や見解を示すものではありません。