【能登SDGsフィールドレポート 第6号】ファシリテーションってなんだろう?

ファシリテーション談義シリーズ(1)

 

ファシリテーション(Facilitation)。

この言葉はいったい何を意味するのでしょうか?

 

ラテン語で「簡単な」を意味するFacilが語源。

なので、「容易にすること」、「促すこと」がファシリテーション。

 

「容易にする」という動詞ならファシリテート(Facilitate)です。

「容易にする人」はファシリテーター(Facilitator)。

 

カタカナ用語は分かりにくいですね。

イージーにカタカナのワードを使うトレンドを僕はヘイト。

・・・って、それを言うときに外来語連発かよ!

(以上、一人ノリツッコミでした)

 

わざわざカタカナの外来語を使う必要はありませんよね。

日本語で簡単に言えるのであれば。

 

でも、日本語に置き換えるのが難しい用語があります。

概念そのものが外国から来たものの場合です。

「ファシリテーション」はその一つかもしれません。

なのでカタカナで表現。

なので意味が伝わりにくい。

なので広まりにくい。

・・・という負の螺旋階段。

仕方ないことです。でも、残念です。

 

なぜ僕がこれを残念に感じているか?

それは、ファシリテーションがとても大切だと思うからです。

というか、ファシリテーションのことを考えるのが好きなんです。

好きというか、オタクといってもいいくらい。

24時間、365日ファシリテーションを考えているといっても過言ではありません。

・・・と言ったら言い過ぎでしょうか?

 

では、僕はファシリテーションの達人なのか?

その質問への答えは、ノー、もとい、いいえ、です。

知識も技術もまだまだ未熟です。

それでも、ファシリテーションを考える熱意は人一倍あります。

 

そして、特に「地域づくり」においてファシリテーションが果たす役割を考えたい。

そこで、同志たちとともに学び合いの場を立ち上げました。

その名も「地域づくりファシリテーター研究会」(通称「奥能登しつらえ隊」(仮))です。

 

能登SDGsラボで僕が担っている「対話と学び合いの実践研究」の一環です。

ありがたいことに、助成金をいただいて活動できることになりました。

公益財団法人トヨタ財団2020年度国内助成プログラム「しらべる助成」です。

 

何を「しらべる」のか?

まずは、地域づくりにおけるファシリテーションの役割を見える化したいです。

ファシリテーションはいつでもどこでも起こっています。

たとえ意識していなくても。

 

見過ごされがちな身の周りのファシリテーションの実践例を大切に集めることから始めます。

 

やりながら考えていく研究会活動。

最終的な「落としどころ」はまだまったく見えていません。

 

活動しながら得る気づきを、できるだけ多くここで共有していきます。

ファシリテーション談義シリーズとして連載を目指します。

 

果たしてどのような方向に進んでいくのか?

その道筋を僕自身、楽しんでいきたいと思います。

 

 

北村健二(コーディネーター)

 

能登SDGsフィールドレポート:日々の活動のなかで北村個人が感じることを共有するための媒体で、組織の立場や見解を示すものではありません。